シャッターの取り付けは防犯にもとても有効です

ガレージにシャッターを

シャッター

自宅にガレージはあるけれど、まだシャッターが設置されていない。これからでもシャッターの設置はできます。外に車を停めていて、傷を付けられてしまったり、タイヤをパンクさせられたりという話を聞くことはないでしょうか。大切な車がそうならないように、シャッターを取り付けることをおすすめします。シャッターを取り付けることで、いたずらから車を守ることもできますし、さらに防犯にも役立ちます。さらに、防風や防雨、海岸近くの場所にあるなら塩害などによる錆付きからも車を守ることができるのです。傷やパンクの修理費用はかなりの高額になる場合がほとんどです。シャッターを取り付けて、いたずらや防風などから大切な車を守りましょう。ガレージ用のシャッターにも様々な種類があります。シャッターを巻き取り、ボックスに収納させるタイプが主流となっています。ボックスもスマートなサイズになるので、ガレージの中でも邪魔にはなりません。同じタイプで自動式のシャッターもあります。自動式シャッターにすると、雨の日でもボタン一つの操作で開け閉めができるので、車から降りずに濡れることなく停めることができるのでとても便利です。ガレージに設置するシャッターは自動式がおすすめです。大型の車を停めている広いガレージでも、オーバースライダーと呼ばれるタイプがあるのでシャッターの取り付けはできます。オーバースライダータイプは、通常の巻取り式シャッターとは違い、天井に取り付けたレールに沿って、シャッターを開け閉めして収納するものになります。それぞれのガレージに合わせたシャッターを選ぶことが可能です。

シャッターの修理

ヘルメット

シャッターを使用している時に、本体から異音が聞こえることはないでしょうか。この場合、何らかの異常が出ている場合があります。無理に使用していると故障の原因になることがあります。早めに修理を依頼しましょう。

More Detail

定期的なメンテナンス

工具

日頃から使うシャッターだから大切にしたいものです。開け閉めする時に重くなった、音がなるようになった時、シャッターのメンテナンスが必要な時かもしれません。一度チェックしてみましょう。

More Detail

電動式シャッターに

道具

手動式シャッターから電動式シャッターへの切り替えは、本体がまだ使える状態であれば本体ごと買い換える必要はありません。電動式のパーツを取り付けることで切り替えが可能です。

More Detail