シャッターの修理|シャッターの取り付けは防犯にもとても有効です

シャッターの取り付けは防犯にもとても有効です

シャッターの修理

ヘルメット

もしも、シャッターからドンドンという何かがぶつかるような音が聞こえるようなら、部品の交換や修理が必要な可能性があります。シャッターから聞こえる金属音などの異常な音は故障のサインです。シャッターボックスの中で何かが絡まってしまっている場合があるからです。スラットと呼ばれるシャッター本体は、非常に重いです。その重いシャッターを、ボックスの中にある部品を使って巻き上げているので、その部品が消耗してしまった場合も異音が聞こえることがあります。この場合は、専門業者に修理やメンテナンスを依頼しましょう。変な音が鳴ったまま使用し続けていると、やがてシャッターの開け閉め自体ができなくなる可能性も出てきます。そうなると本格的に、シャッターを交換しなければならなくなり、その分の費用までかかってしまいます。中の部品が劣化することよって起こる異常な音は、部品の交換で直せることがあります。その際は、部品交換の費用だけで修理は完了になります。ですが、異音が鳴ったまま使用し続けていると、シャッター本体も痛んでしまい、本体の交換が必要になる場合もあります。そうならないように、シャッターから異常な音が聞こえるようになった時は、専門業者に見てもらいましょう。シャッター本体の劣化や錆付きでも金属音が鳴る場合もあるので、この場合は本体の交換が必要となってきます。まず、どの部分に異常が出ているのかを確認してから専門業者に修理の依頼をしましょう。